業界を牽引するトップリーダーの実践 #2【全2回】

【第2弾/全2回】全国に90店舗以上を構え、その経営手腕もさることながら、自らの成長に誰よりも貪欲な株式会社ケイズグループ代表取締役小林博文氏。

今回はその小林社長が実践、提唱する考え方やその姿勢について話を聞いた。

第1弾はこちら→https://therapistcamp.com/sukumane/page/detail/72


_それでは、引き続きよろしくお願いいたします。

小林社長(以下、小林) よろしくお願いいたします。

_ケイズグループ、小林社長といえば、この業界では誰もが知るようなご活躍でいらっしゃいますが、小林社長には具体的に目指している所があるのでしょうか?

小林 私は、この業界に入って30年以上ですが、やればやるほど良い仕事だと思います。凄い仕事だと思います。

患者さまを治療して、「ありがとう」と言っていただけて、治療技術も磨けます。なおかつ、お金もいただけます。

_素晴らしい仕事ですよね。

小林 はい、しかし、こんな良い仕事ってなかなかないなと感じる反面、

子供達に目を向けると、学校の生徒数はどんどん減っていて、柔道整復師や鍼灸師など、治療家になりたいと思う子供達が減っているんです。

子供達は今何になりたいかって聞くと、今はYoutuberです。治療家って入ってこないですよね。

_確かにそうかもしれません。

小林 私が最後、この業界に恩返しするのは、子供達が憧れる業界にしたい。その夢に向かって、チャレンジし続けています。

実際、柔道整復師や鍼灸師が主人公のドラマってみたことないですよね。もし私たち治療家がそうなれたら、子供達もなりたいと思ってくれると思います。

そういった所で、私たちは、もっともっとこの業界を知ってもらえるような努力をしていかなくてはいけないと思っています。

子供達が憧れる業界に

_やはりその想いに対しては、業界でリーダーシップをとっていくというような意識があるのですか?

小林 そうですね、日本で1番高い山はなんですか?と聞いたら、富士山と全員答えられますが、

日本で2番目に高い山は?と聞くと、みんな答えられないです。

やはり1番というのは圧倒的なインパクトがありますし、業界の1位というのは、それだけ責任も重いです。

なので、私たちはそこを目指していきたいと思っています。

_大前提に想いがあって、やはりその上で、そのような数字も大事になってくるのですね。

小林 数字っていうのは、お客様が選んでくれた満足度です。数字っていうのは実績で、嘘ではないので、そこは証明していかなくてはいけないと思っています。

最高の仕組みは、人が育つ文化を作ること

_そういった想いや、実績をつくっていかれる中で、仲間たちというのが必要かと思います。

子供達の憧れる業界に、というお話もありましたが、学生さんに対して伝えたいことなどはありますか?

小林 人生の方程式というものがあります。それは、「先天的特質」×「環境」×「本人の選択」です。

中でも環境が大事です。どこの環境で仕事をするか。イコールどこの会社を選ぶか、というのがとても大事です。

私たちは、その環境を日本一にしたいと思っています。この業界の成長できる環境が日本一。だから人が育つと。

_人が育つ環境ですね。

小林 人は、環境の動物であり、習慣の動物であり、感情の動物です。

この環境をピカピカに整える。これは、私は水槽理論とよんでいます。

良い水槽に魚を入れれば、魚は勝手に育つんです。最高の仕組みは、人が育つ文化を作ることなんです。

なので、私たちは日本一の水槽を作りたいと思っています。そこに学生さんたちが入ってくれるので、自然に育っていくんです。

しかし、それを選ぶのは、どこの会社を選ぶのかは、本人の選択です。

その選択によって、人生が変わります。

もって生まれたものである先天的特質は変わらないです。しかし環境は選べます。選択の質で人生は変わるんです。

これは学生さんが来たら、必ず伝えています。これを自分で掴み取ってと。環境を選べるのは自分だけだからねと。

選択の質で、人生は変わる

_選択の質で人生が変わる、これは学生さんたちに本当に伝えたいですね。

小林 はい、人生ってそんなに長いわけでもありません、振り返ったらあっという間です。

しかも、人生ってお一人様一回限りです。この人生をどう生きるか。

それは、どんな環境で学ぶか、誰と出会うか、それで人生は決まります。学生さんたちには特に伝えたいです。

日本一の人が育つ環境を作り続ける。それが私の仕事です。_人が育つから、それに伴って、会社も育っていくのですね。

小林 経営資源というのは、人、お金、物、情報、時間です。

中小企業に大事なのは、圧倒的に人です。人をピカピカに磨き上げれば、会社はすごく成長します。

多くの経営者には、そこを作って欲しいなと思います。環境を作ることが、経営者の仕事です。

良質な情報との出会いは、人生を根本から変えることがある

_環境整備のお話や、経営計画書のことなど、小林社長は今、情報を発信されています。そうしだしたキッカケがあるのでしょうか?

小林 私も52歳になりました。そろそろ業界に貢献しなくてはいけないと。

良質な情報との出会いは、人生を根本から変えることがある。という言葉があります。

私も研修にいって、変わりました。それを私がやる番だなと。次の世代の事、業界の事を考えていかなくてはと思っています。

_これまでの小林社長の学びを伝えているのですか?

小林 私がこれまでインプットしてきたものを、自分で咀嚼して、これが良いなと思ったものをアウトプットしています。

私が数億円使って学んできたものを、圧縮してお伝えするので、これはお得だと思います。(笑)

_それはどちらで学べるのでしょうか?

小林 経営塾というものがありますので、その中でお伝えしていきます。

_御社のサービスである”きずなの会”についても、とても素晴らしいとお話を伺っています。そちらも経営塾にも近いような形なのでしょうか?

小林 きずなの会は、この業界の先生たちで、技術のある先生たちはいっぱいいますよね、

でも残念ながら、技術は経営の一部です。技術があるから、患者様が来るわけではありません。流行るわけではありません。

私はいつも言っていることですが、良い商品が売れるわけではありません。売れている商品が良い商品なんです。

なので、患者様に知ってもらうためのマーケティングだったりとか、商品の見せ方、商品作り、そういう所が大事になってきます。

良い技術をもっている先生が、もっともっと世に出ていけるように、私たちがお手伝いをするというのが、きずなの会です。

_先生たちがもっている素晴らしい技術と、これまで小林社長が学ばれてきた経営力をあわせていく形なのですね。

小林 そうですね。

子供達が憧れる業界にするためには、私たちは輝いていないといけません。子供達は輝いている大人に憧れます。

いろんな地域にいらっしゃる先生たちが輝いているのは、最高じゃないかなと思っています。

_小林社長の経営塾はもう始まっているのですか?

小林 はい、始まっています。是非参加していただいて、共に学んでいきたいと思っています。

_是非、たくさんの経営者の方に知っていただきたいです。この度はありがとうございました。

小林 ありがとうございました。

(取材寄稿/キロマツ)


ケイズグループお問い合わせフォームはこちら

https://keizgroup.jp/contact/



↓会員限定情報やセミナー参加など [ Therapist Camp ] 無料会員登録はこちら↓

https://therapistcamp.com/sukumane/signup

↓各種セミナー割引や会員制グループチャット”TAKIBI”へのご招待 [ Therapist Camp TAKIBI ] 有料会員登録はこちら↓

https://therapistcamp.com/sukumane/salon/detail/1