『皮膚の運動特性を利用したコンディショニング理論』 

*必ず確認してください*

TherapistCampからのメールが、迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がございます。迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。

迷惑メールフォルダに振り分けられない様にするための対応策をご用意いたしました。ご確認のほどお願いいたします。

https://therapistcamp.com/sukumane/spam


9月28日(水)、株式会社リハサク、ジャパンライム株式会社の共同で文教学院大学 教授の福井勉先生をお招きして、オンラインセミナーを開催いたします。


本セミナーのテーマは、皮膚の運動特性を利用したコンディショニング理論』です。

身体の最も体表に存在する『皮膚』は感覚受容器としての役割だけでなく、

『皮膚』そのものが運動・動作にも大きく影響することが分かっています。

また、皮膚へのテーピングは通常のテーピングとは異なり、姿勢・動作・可動域の改善にも用いることができます。


本セミナーでは、運動連鎖や臨床動作分析の権威で皮膚運動学の第一人者である福井勉先生をお招きして、

皮膚テーピングの力学的背景・臨床的な活用方法をご解説いただきます。


セミナー内では実技について動画を交えてご解説いただきますので、明日からの臨床に大いに活用できる内容となっております。


■セミナー詳細

【日 時】

2022年9月28日21:00~22:30
【 受 講 料 】

3,300円(税込)

リハサク契約者:無料(当社メルマガよりお申し込みくださいませ)


【 講師プロフィール 】

福井 勉(ふくいつとむ)先生
 
文京学院大学 保健医療技術学部 教授

理学療法士


■注意事項

・お申し込み後、メールアドレス宛にZoom URLをお送りいたしますので、当日はそちらよりご参加くださいませ。

・セミナーアーカイブ動画に関しては、セミナー終了後1週間以内にご登録のメールアドレス宛にご共有差し上げます(視聴期限付き)


〈講師ご経歴〉

1982年~1987年 昭和大学藤が丘病院 リハビリテーション部 理学療法士
 1087年~1992年 東京都立医療技術短期大学 理学療法学科 助手
 1992年~1997年 昭和大学 藤が丘リハビリテーション病院 理学療法士主任
 1997年~2002年 Showa University College of Medical Sciences Associate Professor
 2002年~2006年 昭和大学 保健医療学部 助教授
 2018年4月~2018年9月 Western University Deparment of Physical therapy (Visiting Professor)
 2018年10月~2019年  University of Otago Department of Physical Therapy (Visiting researcher)
 2006年4月 ~現在 文京学院大学 保健医療技術学部 教授
 2010年4月 ~現在 文京学院大学 保健医療科学研究科 教授



■領収書発行についてはこちらをご覧ください。

https://therapistcamp.sukumane.biz/sukumane/page/receipt

■本講座はzoomによるオンライン講座となっております。スムーズにご参加いただくため、必ず事前に、下記ページより、講座の参加手順をご確認くださいませ。

 ①パソコンでご参加の方

       https://infxf.sukumane.biz/sukumane/page/zoom-pc

 ②スマートフォン・タブレットでご参加の方

        https://infxf.sukumane.biz/sukumane/page/zoom-sp

■キャンセルポリシーについて必ずご確認ください。

https://therapistcamp.com/sukumane/page/policy

■個人情報のお取扱いについて

https://therapistcamp.com/sukumane/page/personal

『皮膚の運動特性を利用したコンディショニング理論』 
  • 2022年09月28日(水) 21:00 ~ 22:30
【担当】株式会社リハサク
【会場】オンラインセミナー [詳細]
【住所】セミナー接続情報は、3日前の朝10時と当日朝9時に配布いたします。それ以降のお申し込みは、お申し込み後、数分以内に接続情報をお送りいたします。
必須
※税込価格です。
     

■申込者情報

必須
必須
必須
必須 ※連絡が取れる電話番号をご記入ください。
必須 ※携帯キャリアのメールはお控えください。
必須 (例: 1000001)
必須
必須
必須









※順不同
必須