記事で知る


ヘルステックを“意識高い系”サービスから、全ての人のインフラに | ウェブ電通報

へルスケア領域の新潮流を専門家との対談でひもとく本企画。「予防医療」をテーマにした第1回、「20代男性のヘルスケア意識」を深掘りした第2回に続き、今回取り上げるのは「PHR(Personal Health Record)とヘルステック」。

日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さとは | 健康

食生活のみならず、エクササイズや自然との関わりなど生活全般についてまとめられ、万全の体調で生き抜く力を高めることを意図した本書から、脳や心臓、免疫系、そして老化の進行速度に影響を及ぼすとされるビタミンDの力について見ていこう。

「ヘルシー」から「ハッピー」へ医療はいかに拡大するのか

医療の概念が大幅に拡大している。人々の健康観、人生観が多様化する中、医療はもはや病気を治す、心身の健康を維持するという目的にとどまらず、QOL(生活の質)やウェルビーイングといった言葉で表される「豊かさ」の達成が求められているのだ。答えのない領域に広がりつつある医療に対して、広告やロボティクスといったさまざまな分野とのコラボレーションによって、課題の発見と解決に取り組むのが東京医科歯科大学の武部貴則氏だ。同大学と横浜市立大学医学部の両大学で史上最年少教授に就任した俊英の見据える先とは。

コロナ禍で変化した「睡眠習慣」が、わたしたちの生活にもたらす“効果”

コロナ禍を経てリモートワークや在宅学習が広がり、生活パターンが変化する人も少なくない。こうしたなか、仕事や勉強のスケジュールを睡眠サイクルのほうに最適化すると、心身ともに健康でありながら生産性を高められるという研究結果が注目されている。

株式会社リハサクが患者様側画面デザインをリニューアル。運動実施目標を設定し、進捗状況の管理が可能に。

株式会社リハサクのプレスリリース(2021年6月28日 10時00分)株式会社リハサクが患者様側画面デザインをリニューアル。運動実施目標を設定し、進捗状況の管理が可能に。